神経を再生

看護師・准看護師・求人・転職の記事から。札幌医科大学は、脳梗塞患者の骨髄から取り出した幹細胞を使って、神経を再生し、まひなどの症状を改善する新しい治療法の治験を近く始めると発表したと。2年間で110人の患者を対象に有効性などを調べる。同大の本望ほんもう修教授らは、骨髄中に含まれ、神経細胞や血管に変化しやすい間葉系幹細胞という幹細胞に着目。患者の腰の骨から骨髄液を採取、中に含まれる幹細胞を2週間培養して増やし、点滴で患者に戻す。本人の細胞を使うため、拒絶反応の心配がないという。おどろきですね。というより私的には、さらに、これも紹介したいです。転職を考えている看護師、准看護師さんへ。

妊婦の血液を調べるだけでダウン症など胎児の染色体異常が高い確率で分かる新型出生前診断について、日本産科婦人科学会は、当面は認定を受けた医療機関による臨床研究に限って認めるとする指針を発表したという。これを受け、国立成育医療研究センターなど全国約20の医療機関が認定を申請する見込みで、一部は4月にも診断を始める。指針によると、診断を受ける妊婦は超音波検査などで染色体異常の可能性を指摘された人や、高齢妊娠の女性らに限定する。指針には年齢を明記しないが、35歳以上が目安となる。実施する医療機関は、染色体異常の特徴や支援体制の知識を持った産婦人科医と小児科医が常勤し、どちらかは臨床遺伝専門医の資格を持っている必要がある。また、遺伝や遺伝子に関するカウンセリングを検査の前後に十分に行わなければならないという。驚きです。もう1つ私的に続けてこっちも気にしょうがないです。転職に困らない看護師の求人サイト。

Copyright© 2011 口コミの里 All Rights Reserved.