Archive for the ‘逆流性食道炎’ Category

ストレス解消のポイント

2013-12-19

食道下部の噴門障害とも言われている逆流性食道炎。
実際に、症状が出ても、食べすぎかな?胃腸が弱っているな、などと自己判断によって、しっかり診断されるのは、人間ドックでの胃カメラ検査後ということも多々あります。

初期の段階では、痛くてのた打ち回るというレベルでもないため、放っておかれることも多々あります。
では、何が原因で、どうして起こるのでしょうか?
胃酸は、1日2リットル以上分泌されていると言われています。
本来は、逆流しないように閉まっているはずの胃と食道の境目が何らかの原因で開いてしまい胃液が食道に逆流することで生ずる食道の炎症が、痛みとして出てきます。

では、その原因とはなんでしょうか?
・過度のストレス
・肥満
・食生活、暴飲暴食・脂物
・運動不足
が挙げられます。

胃酸が逆流というシステムは、なかなか難しいが、胃酸がたくさん出ることによって逆流しやすくなるということが症状の出る要因です。

ストレスがかかると脳のバランスがく崩れ胃酸過多に陥ります。
肥満、食生活が乱れると、消化を活発にさせるためにこれまた、胃酸過多になります。

要するに、胃酸過多にならない身体を作ることがポイントなのです。

ストレスを極限なくすためにどうすればいいのか?
その大きな1つは、悩みを減らすことです。
人は、悩みを抱えることで、視野が狭くなり、喜びすらも喜びと感じられなくなります。

その悩みを減らす方法を1つ教えましょう。

では、今悩んでいることを紙に書いてください。

そして、考えてください。
その悩みは、いつから始まっていますか?

こんな名言があります。
人は1年前の悩みを覚えていないっと。

その瞬間すごく悩んでいても、1年後には悩みではなくっているのです。

逆に考えると、
1年前の悩みを言えますか?

いえる人少ないと思います。

でも、悩んでいたはずではないでしょうか?

悩みなんて所詮、そんなものなのです。
ストレスは、軽減できるものなのです。

今、悩んでいることを1年間悩み続けると、意外と解決できるか、悩みではなくなるということでもあるでしょう。


精神的なことはこれくらいで、今度は物理的なことを1つ。

逆流性食道炎解消には、猫背の解消もあります。
猫背によって、内臓を圧迫してしまうことが原因です。

猫背の解消は、
ストレッチに適度にすることです。
背中を伸ばすだけでなく、ももの筋肉を伸ばす、腹筋や背筋も適度に鍛えることも大事です。


そこで、今、一番売れている逆流性食道炎改善プログラム
先生(福辻鋭記さん、細川晶生さん、佐藤真二さん)比較サイトを紹介します。

動画で、猫背克服のプログラムを細川晶生先生が紹介していますので、是非、参考にしてもいいと思います。
逆流性食道炎克服で『有名な先生』を比較しながら調べる

Copyright© 2011 口コミの里 All Rights Reserved.